メッセージ

更新日:2014.03.26

三重県中学生テニス選手権(個人の部)開催

 3月15、16、23、26日の4日間、桑名市総合運動公園及び四日市ドームにて三重県中学生テニス選手権大会(個人の部)を開催しました。今大会は全国中学生テニス選手権大会の三重県予選大会を兼ねており、4月から中学生になる新1年生を交え、3学年からトップ選手が集う三重の中学トップを決める大会となっています。岐阜県とともに全国のどこよりも早い全中の予選大会であります。3月というこの早い時期から夢の全中出場を目指した熱い戦いが繰り広げられました。
 思えば3年前の今大会は東日本大震災直後という状況であり、大会開始前に参加者全員が集まり黙祷をしてからスタートしたことを覚えています。あれから3年が経ちましたが、まだまだ復興は終わっておらず、今後も三重県の中学校テニスとしてできることは何かを考えながら活動していきたいと思います。
 ここ数年、三重県の中学テニスでは「Be Good Fellow! Be Good Loser! and Be Best Sportsman!」をスローガンに掲げ取り組みを進めてきました。具体的には各大会でフェアプレー賞の創設、チャンピオンスピ−チやルールクイズの実施、大会前のマナー講話の実施などです。テニスは相手があって初めて成り立つスポーツであり、互いを尊重しプレーすることで試合を気持ちよく進めることができます。そして試合後に気持ちよく握手をして互いをたたえ合えたらと考えています。
 今大会は男女ともに接戦が多く、白熱した熱戦がたくさん繰り広げられました。シングルスでは男女とも第1シードである松岡俊介選手(鈴鹿市立鼓ヶ浦中)、吉田明日香選手(鈴鹿市立白子中)が力を出しきり順当に優勝、最上学年の貫禄を見せてくれました。

★フェアプレー賞★
男子シングルス 金子宰文選手(三重大学教育学部付属中)
女子シングルス 中川杏選手 (津市立久居西中)

 今大会の上位選手は5月3〜5日にある東海地区中学生テニス選手権大会(個人戦)に出場してもらいます。昨年度は三重から男子単複、女子単で全中出場者が出ており、今年はさらに成長した姿を東海各県の選手に披露してほしいと思います。他県の選手と正々堂々とプレーし切磋琢磨する中で益々成長していけることでしょう。三重の代表として相応しい行動とプレーで大いに活躍してきてください。期待しています!!

三重県中学生テニス選手権(個人の部)開催 三重県中学生テニス選手権(個人の部)開催
三重県中学生テニス選手権(個人の部)開催 三重県中学生テニス選手権(個人の部)開催
ページTOPへ