メッセージ

更新日:2014.08.16

いざ 松山全中へ!!

 いよいよ全中大会が愛媛県松山中央公園で8月17日の開会式をスタートに始まります。まずは団体戦です。17日に1回戦、18日に2回戦、準々決勝、19日に準決勝、決勝となります。三重県から出場するには、暁中学校女子(東海大会優勝・全中5〜8シード)、桑名市立光陵中学校(東海大会準優勝・全中第5〜8シード)、四日市市立富洲原中学校(東海大会第5位)の3校です。3校での全中出場は2年前の東京全中同様最多の数となります。また、男女ともに全国大会でシードつくまでになった三重県の成長を嬉しく思います。3校の皆さんの全力プレー&応援を期待します。ここに各校キャプテンの意気込みを載せておきます。


暁中女子部キャプテン

 私達の学年にとっては2度目の東海大会出場でした。1度目の12月の東海新人大会においては1回戦負けという悔しい結果でした。「しかし、チャンスはもう1回ある、それに向かって頑張ろう」とみんなで決意し、普段の練習においても、どの学校よりも努力をしてきたと思っています。そして、まずは県大会で優勝して東海大会への切符を手にしました。東海大会では三重1位、第2シードという2つのプレッシャーがありました。そのプレッシャーを跳ね除けて1回戦で勝ち、全国大会出場を決めたときはみんなが涙を浮かべていました。準決勝も勝ち進み、決勝戦を3−2で勝利し優勝した瞬間、みんな飛び跳ねて喜びました。私はうれしかったのもありますが、それより「ありがとう」という感謝の気持ちがまず出てきました。駆け付けてくれた男子、家族などたくさんの人に応援されたこと、そして今まで戦っていただいた他県の人たちみんなに感謝したいと思います。全国大会でも感謝の気持ちを忘れずに戦っていきたいと思います。


光陵中男子部キャプテン

 皆さんのおかげで、東海大会の準決勝で負けたものの、順位決定戦で勝ち進むことが出来、2位に上がることが出来ました。東海で優勝できなかった悔しさをバネに、全国で頑張ってきます。


富洲原中男子部キャプテン

 まずはじめに、県大会や東海大会を運営してくださった先生方に感謝をしたいと思います。この大会で僕たちは短い時間の中ですごくたくさんのことを学び、成長することができました。そして、三重県のスローガンである「良き仲間、良き敗者、そして最高のスポーツマンになろう!」ということを意識し、チーム一丸となって応援し、精いっぱいプレーをすることができました。東海5位で全国大会へ出場することができるので、東海地区の代表として堂々と試合をしたいと思います。

いざ 松山全中へ!!
ページTOPへ