メッセージ

更新日:2016.01.17

第3回強化練習会

1月17日(日)第3回強化練習会を今回は津田学園中学校で実施しました。10校の中学校と3つのテニスクラブから男子17名、女子19名が参加しました。この強化練習会に以前も参加したことがある選手が多くいたので練習がスムーズに、そして、高い質のもと行われました。
まずは、上半身と下半身の連動性を意識したバランストレーニングに取り組み、次にスパニッシュドリル、最後はレベル別に分かれダブルスの形式練習を行いました。
スパニッシュドリルは、すっかり定着してきたように思います。皆スムーズに打てており、少しの修正だけで済んだだけでなく、アドバイスも深く入り込んだアドバイスができました。
ダブルスの形式練習では、後衛の打ち込みからのポーチやクロスボールをストレートにアタックするという場面を想定して練習を行いました。ポーチに関しては、条件として必ず出なければならないとしましたが、思い切り出ていくことができない選手が多くいました。自分から状況を打破してポイントを取りに行くことをしなければ、相手はそれをやってきますので、「やられる前にやる!」を合言葉にチャレンジしてもらいました。ダブルスは、安全にクロスのラリーだけをしておく形になりがちです。でもそれは、それを打ち破る力を持つ者にとっては何の脅威でもなく、やはりそれを打ち破る力をつけるべきだと思います。そしてその方法について、前回の強化練習会でやった2アップの陣形や今回やったポーチやストレートアタックなど、どんどん自分から動き、クリエイティブにテニスをしようと伝えました。テニスは個人スポーツで、その時々、すべて自分で決断して一打しなければなりません。そのときに、様々な点の取り方を習得しておかなければ、先にそれをやられてしまいます。普段の練習からいろいろなパターン練習を重ねておくことが大切だということも伝えました。
そして、今回も多くの先生方、テニスクラブのコーチにも球出しなどご協力をいただきました。ありがとうございました。次回は2月14日(日)です。さらにレベルアップした皆さんに会えることを楽しみにしています。

第3回強化練習会
ページTOPへ