メッセージ

更新日:2017.10.15

ジョーンズ怜音選手 RSK全国選抜優勝!

10月13日〜15日、岡山県の浦安総合運動公園でRSK全国選抜ジュニアテニス大会が開催されました。U-13のチャンピオンを決めると同時に、来年度のワールドジュニア アジアオセアニア予選の選手選考会を兼ねています。
暁中学校1年生のジョーンズ怜音選手が、3年連続の出場を果たし、見事優勝を勝ち取りました。第2シードではありましたが、優勝の可能性は十分にありました。決勝まで順当に勝ち上がり、迎えた決勝戦は大きなカメラが取り囲み、解説には元プロテニスプレイヤーの沢松選手が来るなど、ただならぬ気配が漂っていました。
 あいにくの雨ではありましたが、試合前は対戦相手と談笑するなど互いにリラックスした様子でその時を迎えていました。やはり、昨年2冠を達成しているように、この状況でも落ち着いた状態で迎えられるのはさすがです。
 第1セット 6−2 序盤にブレイクしたことで一気に波に乗り、ロブ・ドロップ・スライス・強打と相手に的を絞らせない展開を作りました。
 第2セット 3−6 1セットの勢いそのままにいくかと思われましたが、相手もそれを許しません。一進一退のしんどい展開の中、中盤、サービスの確率が落ち始め、そこを相手にたたかれ落としました。
 第3セット 6−4 2セット同様、中盤までもつれましたが、勝負どころでブレイクすると一気に攻勢をかけ、締めくくりました。
 優勝インタビューではまだまだあどけない表情をしていましたが、プレーは本当にクレバーで、12歳とはとうてい思えないものがありました。
 3年連続の出場で悲願の優勝を勝ち取りました。おめでとうございます。徐々に舞台が日本から世界に移っていきそうですね。

ジョーンズ怜音選手 RSK全国選抜優勝! ジョーンズ怜音選手 RSK全国選抜優勝!
ジョーンズ怜音選手 RSK全国選抜優勝! ジョーンズ怜音選手 RSK全国選抜優勝!
前のメッセージ || 
ページTOPへ